学会認定研修会

学会認定研修会 Workshop

日本自殺予防学会
学会認定研修会のお知らせ

学会認定研修会Ⅰ「自殺予防につながる認知行動療法アプローチ」

ファシリテーター:大野 裕(独立行政法人 国立精神・神経医療研究センター 認知行動療法センター)
張 賢徳(帝京大学医学部附属溝口病院 精神神経科)

<研修のねらい・目標>

認知行動療法(Cognitive Behavioral Therapy: CBT)は、認知(ものの考え方や受けとり方)に働きかけ、思考のバランスをとり、問題解決を図ることによって、情緒状態や行動パターンを変化させることを目的とした精神療法で、うつ病をはじめとした様々な精神疾患に対する治療効果が実証されています。自殺の重要な危険因子のひとつにうつ病を筆頭とした精神疾患が挙げられていることを鑑みれば、CBTは自殺予防にも寄与しうると考えられます。一方、あるデータによると、自殺者の半数近くに精神科受診歴があり、一般身体科の受診歴まで含めると2/3に上っていることが示されています。精神科医療従事者に留まらず、全ての医療・保健従事者は自殺リスクの高い人たちに遭遇しやすい立場にあり、そうした人たちに適切な対応をすることも自殺予防における医療・保健従事者の重要な役割と言えます。そこで、本研修では医療・保健従事者及び自殺対策に取り組んでいらっしゃる方々を対象とし、希死念慮を訴えるなど自殺の危険性の高い人へのCBTアプローチを用いた対応の仕方を習得することを目的とします。講義に実際のワークも取り入れて、具体的・実践的な習得を目指します。

<主な対象者> 職種を問わずご関心のある方
  • 日 時:2015年9月11日(金)18:00~20:00
  • 会 場:青森県立保健大学(青森市浜館字間瀬58-1)
  • 参加費:会 員 5,000円
    非会員 7,000円
    学 生 3,000円
    ※第39回大会参加費は含まれませんのでご注意下さい。
  • 定 員:100名

学会認定研修会Ⅱ「自殺の危機介入の10エッセンシャル:症例を通して学ぶ自殺対策」

ファシリテーター:大塚耕太郎(岩手医科大学医学部災害・地域精神医学講座)
河西千秋(札幌医科大学大学院医学研究科精神機能病態学/医学部神経精神医学講座)、ほか

<研修のねらい・目標>

多くの専門職は、これまで専門教育の中で自殺の危険に対する危機介入について学ぶ機会は十分でなく、専門職の多くが、自殺の危機に対する対応について知識・技量の不足を自覚し、困難感を感じていることが知られています。本研修会では、自殺に傾く典型事例について、自殺予防対策の専門家のガイドにより多職種の多様な観点からその問題点を読み解くとともに、さらに専門家によるレクチャーと双方向性の学習により、複雑事例や深刻事例に対応する際の基本事項を習得することを目的として開催します。

<主な対象者> 自殺の危機介入へ対応される全職種
  • 日 時:2015年9月11日(金)18:00~20:30
  • 会 場:青森県立保健大学(青森市浜館字間瀬58-1)
  • 参加費:会 員 5,000円
    非会員 7,000円
    学 生 3,000円
    ※第39回大会参加費は含まれませんのでご注意下さい。
  • 定 員:50名

学会認定研修会申し込みについて

  • ・学会認定研修会は学会員以外の方も参加できます。
  • ・必要事項(ご希望の研修会、お名前、ご所属、ご連絡先住所、ご連絡先電話番号)をご記入の上、8月31日までにメールまたはFAXにてお申し込み下さい。
  • お申し込み先
    日本自殺予防学会事務局 E-mail:info@jasp.gr.jp Fax:03-3812-0376
  • ・学会認定研修の受付通知はE-mailにてお送りいたします。
    1週間を過ぎても連絡がない場合には学会事務局にご確認ください。
  • お問い合わせ
    日本自殺予防学会事務局
    〒113-0033 東京都文京区本郷2-17-13(有)エム・シー・ミューズ内
    学会認定研修会担当 TEL 03-3812-0383
  • ※希望者多数の場合は受付の先着順で定員になり次第締め切ります。